不動産買取と仲介の違いとは?メリット・デメリットをご紹介!

不動産買取と仲介の違いとは?メリット・デメリットをご紹介!

不動産売却を検討している方のなかには、仲介と買取で迷っている方もいらっしゃるでしょう。
それぞれ異なる特徴があるため、状況や条件を照らし合わせながら検討することが大切です。
そこで今回は、不動産買取と仲介の違いとともに、買取のメリット・デメリットをご紹介します。

南プス不動産相談窓口COCOCARAへのお問い合わせはこちら


不動産買取と仲介の違いとは

不動産買取とは、不動産会社に物件を直接買い取ってもらう方法です。
仲介との違いは買主にあり、仲介の場合は主に個人が買主となります。
仲介では買主が物件に住むために不動産を購入しますが、買取では不動産に付加価値を付けて、再度販売をおこなう事業目的で購入するのが一般的です。
そのため、売却期間にも違いが見られます。
仲介では、引き渡しまでに契約から3か月ほどかかりますが、買取では短期間の売却が可能です。
1週間?1か月で引き渡しが完了するため、売却を急いでいる方に向いている売却方法といえるでしょう。
しかし、買取の売却価格は、仲介より下がる傾向にあります。
高値売却を期待している方は、買取より仲介がおすすめです。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブル事例や解決策・回避方法を解説

仲介と比較したときの不動産買取で得られるメリット

買取は仲介と比べると、短期間で不動産を手放せます。
すぐに現金化したい方は即時買取を、時間に余裕がある方は買取保証を選ぶと良いでしょう。
また、契約不適合責任(旧:瑕疵担保責任)が免除されるのも、買取の大きなメリットです。
仲介では、引き渡し後も建物の不具合に関して責任を負わなければならないため、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。
それらを未然に防げるのは嬉しいポイントで、スムーズに引き渡しまで進められるでしょう。
さらに、買取は近隣に売却を知られずに済みます。
周囲に売却を知られたくない方は、仲介より買取を選ぶことが大切です。

▼この記事も読まれています
駅近の中古マンションが売却しやすい理由や高く売るコツとは?

仲介と比較したときの不動産買取で得られるデメリット

買取の注意点は売却価格が下がることで、市場価格よりも1割~3割ほど安くなる傾向にあります。
これは、買取時にリフォームやメンテナンスの費用を含めるためです。
不動産によっては売却できないケースもあるので、事前に確認しておきましょう。
とくに、再建築不可物件や擁壁が老朽化している建物は売却が困難です。

▼この記事も読まれています
不動産売却の告知書とは?告知書の必要性と記入時の注意点をご紹介

まとめ

不動産買取は仲介と比較すると、買主や売却期間に違いがあります。
不動産会社が買主となるため、短期間での売却が可能で、契約不適合責任も免除されるのが一般的です。
しかし、売却価格が市場価格より下がるのはデメリットとなり、物件によっては売却できない可能性もあるので注意しましょう。
南アルプス市の不動産の売買は南プス不動産相談窓口COCOCARAへ。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

南プス不動産相談窓口COCOCARAへのお問い合わせはこちら


南プス不動産相談窓口COCOCARAの写真

南プス不動産相談窓口COCOCARA メディア担当

南プス不動産相談窓口は、南アルプス市エリアの不動産情報を豊富に取り扱う不動産会社です。新築戸建てを探している、土地の売買で困っている、などの方に有益な情報をお届けできるよう当サイトのブログでも不動産に関連した情報をご紹介します。