田舎暮らしで必要な資金はどのくらい?計画を立ててスムーズに移住しようの画像

田舎暮らしで必要な資金はどのくらい?計画を立ててスムーズに移住しよう

購入をご検討の方

田舎暮らしで必要な資金はどのくらい?計画を立ててスムーズに移住しよう

豊かな自然や新鮮な食材、のんびりとした雰囲気に魅力を感じて、田舎暮らしを始める方が増えていますね。
人によっては都会の利便性以上にメリットのある田舎暮らしですが、移住に関する費用が気になる方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、田舎暮らしの資金計画についてフォーカスします。
費用の例や実際の目安額を把握して、今後の参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

田舎暮らしの資金計画は費用の例を知ることが大切!

田舎暮らしの資金計画で大切なのは、まず、費用の例を知ることです。
都会の生活とはどの部分が違うのか把握して、テレビの情報に振り回されず、新生活を具体的にイメージしてみましょう。
まずは、移住にかかる初期費用の紹介です。

●引っ越し代
●新居にかかる費用(購入費・維持費・手続きに関する費用など)
●下見のための交通費や宿泊費


このほかに、移住先によっては家電の買い替えも発生するかもしれません。
というのも、地域によって気候が大きく異なるため。
寒さの厳しい地域への移住の際は、暖房器具を準備しておくと安心です。
続いて、新生活にかかる費用をご紹介します。
基本的には都会での生活と変わりませんが、田舎ならではの費用として、

●車の維持費(車体費・ガソリン代・保険料・自動車税など)
●自治会費(入会費・年会費・自治会役員へのあいさつの品など)


が必要になるケースが多いでしょう。
移住先を丁寧にリサーチして、見落としのないよう準備しておきたいですね。

快適な田舎暮らしのために!実際の目安額も参考に資金計画を

では、実際に田舎暮らしを始める際は、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
資金計画を立てるために、目安額をきちんと把握しておきましょう。
初期費用の目安額は、100万円前後です(住宅の購入費は含まない)。
生活費はライフスタイルなどで異なりますが、夫婦と子ども1人の3人家族で、だいたい20万円前後が目安といえます。
あくまでも一例ですが、都会での生活よりも8万円から10万円程はコストが抑えられるでしょう。
費用の内訳としては、住居費(固定資産税なども含む)や食費が下がる代わりに、車の維持費や自治会費などの出費が増えます。
都市ガスではなくプロパンガスを利用している地域では、光熱費が増加するケースもあるので、注意が必要です。
なかには近所の人から野菜をもらったり、食材の安い直売所で購入したりするなど、節約して10万円から15万円程で暮らしている方も。
いずれにしても、都会に比べると低コストで生活できるでしょう。

まとめ

今回は、田舎暮らしの資金計画について詳しく紹介しましたが、いかがでしたか。
田舎暮らしを楽しむためには、それぞれのライフスタイルに合致した資金計画が大切です。
事前にしっかりとシミュレーションして、後悔のない快適な生活が送れるとよいですね。
南プス不動産相談窓口COCOCARAは、南アルプス市を中心に売買仲介を専門としております。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”購入をご検討の方”おすすめ記事

  • 建売住宅に売れ残りが出る理由とは?購入するメリットや注意点も解説の画像

    建売住宅に売れ残りが出る理由とは?購入するメリットや注意点も解説

    購入をご検討の方

  • 三角地とは?四角形でない土地を購入するメリット・デメリットを解説の画像

    三角地とは?四角形でない土地を購入するメリット・デメリットを解説

    購入をご検討の方

  • 一戸建てを購入する際に後悔しやすい事例とその対処法の画像

    一戸建てを購入する際に後悔しやすい事例とその対処法

    購入をご検討の方

  • 買ったばかりの家を売る理由は?損をするケースやならないケースを解説の画像

    買ったばかりの家を売る理由は?損をするケースやならないケースを解説

    購入をご検討の方

  • 転勤族が一戸建てを購入するのにベストなタイミングはいつ?の画像

    転勤族が一戸建てを購入するのにベストなタイミングはいつ?

    購入をご検討の方

  • 中古住宅の探し方の基本は?コツと注意点を解説の画像

    中古住宅の探し方の基本は?コツと注意点を解説

    購入をご検討の方

もっと見る