中古住宅をオール電化にリフォームするには?必要な設備や電気代もご紹介!の画像

中古住宅をオール電化にリフォームするには?必要な設備や電気代もご紹介!

購入をご検討の方

中古住宅をオール電化にリフォームするには?必要な設備や電気代もご紹介!

中古住宅を購入してリフォームを検討する際には、オール電化にすることを希望される方も多いのではないでしょうか。
オール電化にするにあたって準備しなければならないことや事前に確認しておくべきことがあるので注意してください。
今回は、オール電化に必要な設備やエコキュートと電気温水器の違い、オール電化にすることで電気代はどう変化するのかについて詳しくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古住宅をオール電化にリフォームする際に必要な設備    

オール電化とは、調理や給湯・冷暖房などで使うエネルギーをすべて電気でまかなうシステムのことをいいます。
ガスや灯油などを家のなかで使用することがなくなるので安全性が高く、CO2排出量を削減できる点もメリットです。
オール電化にリフォームするにあたって、IHクッキングヒーターやエコキュート・電気温水器といった設備を導入する必要があります。
また、必須ではありませんが床暖房システムや太陽光発電システムなどの設備があると、より節電に効果的です。

オール電化で使用するエコキュートと電気温水器の違いとは? 

オール電化では電気でお湯を沸かすシステムが必要ですが、ここ数年は電気温水器より節電効果が高いエコキュートを導入している家庭が増えています。
電気温水器もエコキュートも電気を使ってお湯を沸かす設備ですが、お湯を沸かす仕組みに違いがあるのです。
電気温水器は電気を熱源とし、貯水タンクのなかにあるヒーターでお湯を沸かしますが、エコキュートはヒートポンプの原理を利用して自然冷媒を使ってお湯を沸かします。
エコキュートは電気で作った熱だけでなく空気の熱も使うため、少ないエネルギーで効率良くお湯を沸かせるのです。
電気温水器に比べて電気を使う量が少なくて済む分、月々の電気代も安くなります。
エコキュートのほうが購入費用は高額ですが、長い目で見てお得になるのはエコキュートのほうだと考えられるでしょう。

中古住宅をオール電化にリフォームした場合の電気代は?   

オール電化にすると電気代はいくらぐらいになるのでしょうか。
2~4人家族の一般家庭を例に挙げると、年間の電気代は10万円~13万円前後が平均なのに対し、オール電化住宅では年間15万円~18万円が平均です。
一般家庭の場合はこれに年間約8万円~15万円前後のガス代がプラスされることになるため、年間の光熱費はオール電化のほうがずっと安く済みます。
もちろん、契約する電力会社や契約プランによっても月々の電気代は変わってくるので、さらなるコスト削減ができる方法を探してみると良いでしょう。

まとめ

中古住宅を購入してオール電化にリフォームする際には、必要な設備や導入費用について事前に確認しておかなければなりません。
エコキュートの導入や電力会社の見直しなどによって月々の光熱費をもっと抑えられる可能性もあるため、慎重に検討してみることをおすすめします。
南プス不動産相談窓口COCOCARAは、南アルプス市を中心に売買仲介を専門としております。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”購入をご検討の方”おすすめ記事

  • 建売住宅に売れ残りが出る理由とは?購入するメリットや注意点も解説の画像

    建売住宅に売れ残りが出る理由とは?購入するメリットや注意点も解説

    購入をご検討の方

  • 三角地とは?四角形でない土地を購入するメリット・デメリットを解説の画像

    三角地とは?四角形でない土地を購入するメリット・デメリットを解説

    購入をご検討の方

  • 一戸建てを購入する際に後悔しやすい事例とその対処法の画像

    一戸建てを購入する際に後悔しやすい事例とその対処法

    購入をご検討の方

  • 買ったばかりの家を売る理由は?損をするケースやならないケースを解説の画像

    買ったばかりの家を売る理由は?損をするケースやならないケースを解説

    購入をご検討の方

  • 転勤族が一戸建てを購入するのにベストなタイミングはいつ?の画像

    転勤族が一戸建てを購入するのにベストなタイミングはいつ?

    購入をご検討の方

  • 中古住宅の探し方の基本は?コツと注意点を解説の画像

    中古住宅の探し方の基本は?コツと注意点を解説

    購入をご検討の方

もっと見る