不動産売却を媒介契約でおこなうときの基本情報をご紹介!の画像

不動産売却を媒介契約でおこなうときの基本情報をご紹介!

売却をご検討の方

不動産売却を媒介契約でおこなうときの基本情報をご紹介!

不動産売却をしたいと思っても、素人が自力でおこなうのは無理があります。
そんなときに便利なのが不動産仲介会社との媒介契約です。
この記事では不動産売却における媒介契約についてと、契約の選び方についてご紹介します。
不動産売却をスムーズにおこないたいなら、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における媒介契約とは?

媒介契約とは不動産売却したい売主と不動産仲介会社が締結する契約のことです。
媒介契約をした不動産仲介会社には売主と買主の間に立って売買契約締結に向けて協力しなければならない義務が生じます。
わかりやすくいうと、あなたの代わりに「不動産を売却するために頑張ります」という不動産仲介会社との約束です。
媒介契約を結ぶ前に、販売活動の進め方や売主が支払う仲介手数料についてきちんと明記してもらいましょう。
お金が絡む契約ですから、未然にトラブルは防がなければなりません。

媒介契約の種類とは

媒介契約は3種類あり、特徴や目的が異なります。

一般媒介契約

一般媒介契約は複数の不動産仲介会社と契約を結ぶことができるという特徴があります。
多くの不動産会社に情報を載せてもらえるので、多くの人の目に留まりやすく、不動産会社に任せるだけでなく自分でも買い手を見つけられる点もメリットです。
契約期間は3か月以内で、販売状況の報告義務はありません。

専任媒介契約

専任媒介契約は1社としか契約を結ぶことができないのが特徴です。
その代わり、契約を結んだ不動産会社は販売に力をいれて活動してくれます。
一般媒介契約と同様で契約期間は3か月と決められています。
また、14日に一回以上の販売状況の報告義務が課せられるので、いまどのような状況なのか知ることができます。

専属専任媒介契約

唯一、自分で買い手を決めることができないのが大きな特徴です。
その代わりに、報告義務が7日に一回以上と頻繁に販売状況を知ることができます。
契約内容が一番厳しいですが、その分売却を1社に任せ切ることが可能です。

媒介契約はどれがいい?選び方とは?

媒介契約には3種類あることはわかりましたが、どれがいいか正直悩みどころです。
迷ったときにおすすめなのが専任媒介契約です。
1社としか契約できませんが、売却まで力を尽くしてくれますし、買い手を自分で決めることができます。
もし、所有している不動産が駅近物件や築浅物件など需要がある場合は一般媒介契約にすると良いでしょう。
不動産仲介会社がそこまで頑張らなくても買い手が見つかりやすいからです。
より早く売却したいというのであれば専属専任媒介契約をおすすめします。
スピード感もって販売活動をしてくれます。

まとめ

不動産売却には媒介契約を結ぶことをおすすめします。
どれがいいか迷ったら、自身の不動産の状況を加味して決めるようにしましょう。
スムーズな売却をするためにはプロに頼むのが一番良いのです。
南プス不動産相談窓口COCOCARAは、南アルプス市を中心に売買仲介を専門としております。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売却をご検討の方”おすすめ記事

  • 不動産の所有者が入院中でも売却できる?方法をご紹介の画像

    不動産の所有者が入院中でも売却できる?方法をご紹介

    売却をご検討の方

  • 不動産売却でライフラインはいつ解約する?方法や注意点も解説!の画像

    不動産売却でライフラインはいつ解約する?方法や注意点も解説!

    売却をご検討の方

  • 任意売却で買い手がつかないときはどうなる?理由や対策についても解説の画像

    任意売却で買い手がつかないときはどうなる?理由や対策についても解説

    売却をご検討の方

  • 不動産売却における査定価格・売り出し価格・成約価格の意味をご紹介!の画像

    不動産売却における査定価格・売り出し価格・成約価格の意味をご紹介!

    売却をご検討の方

  • 筆界未確定の土地とは?売却できるのか売却方法の流れを解説の画像

    筆界未確定の土地とは?売却できるのか売却方法の流れを解説

    売却をご検討の方

  • 借地権とは?借地権付きの家を売却する方法と流れを解説の画像

    借地権とは?借地権付きの家を売却する方法と流れを解説

    売却をご検討の方

もっと見る