売却関連のリースバックとはなにか、メリット・デメリットについてご紹介の画像

売却関連のリースバックとはなにか、メリット・デメリットについてご紹介

売却をご検討の方

売却関連のリースバックとはなにか、メリット・デメリットについてご紹介

この記事では、不動産売却を検討している方に向けてリースバックとはなにかをご紹介していきます。
仕組みを知れば、メリットとデメリットの両方が見えてきます。
不動産を売却する際に、リースバックをしたほうがいいのかどうか検討してみましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却におけるのリースバックとはなにか説明

リースバックとは、不動産を不動産会社へ売却した後にも、買主に対して家賃を支払うことで、その不動産を利用し続ける仕組みです。
リースバックは住宅ローン以外に借金があり、返済するのにまとまったお金が必要なときなどに有効です。
この仕組みを知ると、中にはリバースモーゲージとどう違うのか疑問に思う方もいるかもしれません。
リバースモーゲージとは、担保にした自宅で金融機関などからお金を借り、借りたお金は死亡したときに自宅を売却して一括返済する仕組みのことです。
こうして仕組みを理解すると違いはわかりやすくなります。

不動産売却時にリースバックをするメリットを説明

リースバックのメリットのひとつは、引っ越しせずその家に住み続けられることです。
慣れた家を離れる必要がないので、ライフスタイルに大きな変化が生まれません。
また、不動産の所有者は自分ではなくなるため、家の維持費が負担とならない点もメリットです。
家を売却したことはご近所には知られませんし、将来買い戻すことだって可能です。
よって、同じ家に住み続けたい方にとってはメリットが大きい売却方法がリースバックだと言えるでしょう。

不動産売却時にリースバックをするデメリットを説明

逆に、リースバックをすることによって生じるデメリットにはなにかあるのでしょうか。
ひとつには、売却価格が周辺相場よりも安くなってしまう傾向にあることです。
また、もうひとつのデメリットは、自由にリフォームができなくなる点です。
家は既に借りている立場になってしまうため、軽微なものを除き自分の意思だけではおこなうことができません。
ただ、リースバックの仕組み上ほとんどの場合はリフォームが認められるので、このあたりに関して心配はいらないでしょう。

まとめ

不動産を売却する際に、リースバックという仕組みがあることは覚えておいたほうが良いでしょう。
デメリットもありますが、総合的に見たらメリットのほうが大きいと考える方もいるからです。
自分の慣れ親しんだ家に住み続けられる点は大きな魅力ですから、積極的な検討をしてみてください。
南プス不動産相談窓口COCOCARAは、南アルプス市を中心に売買仲介を専門としております。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売却をご検討の方”おすすめ記事

  • 任意売却で買い手がつかないときはどうなる?理由や対策についても解説の画像

    任意売却で買い手がつかないときはどうなる?理由や対策についても解説

    売却をご検討の方

  • 不動産売却における査定価格・売り出し価格・成約価格の意味をご紹介!の画像

    不動産売却における査定価格・売り出し価格・成約価格の意味をご紹介!

    売却をご検討の方

  • 筆界未確定の土地とは?売却できるのか売却方法の流れを解説の画像

    筆界未確定の土地とは?売却できるのか売却方法の流れを解説

    売却をご検討の方

  • 借地権とは?借地権付きの家を売却する方法と流れを解説の画像

    借地権とは?借地権付きの家を売却する方法と流れを解説

    売却をご検討の方

  • 不動産売却の悩みを解決!よくあるお金と売れない問題を解説の画像

    不動産売却の悩みを解決!よくあるお金と売れない問題を解説

    売却をご検討の方

  • 土地を高く売却するにはどうすればいい?成功のポイントと注意点を解説の画像

    土地を高く売却するにはどうすればいい?成功のポイントと注意点を解説

    売却をご検討の方

もっと見る