競売物件を購入するメリット・デメリットとは?の画像

競売物件を購入するメリット・デメリットとは?

購入をご検討の方

競売物件を購入するメリット・デメリットとは?

マイホームを購入する際、新築や中古などさまざまな選択肢がありますが、そのなかでも裁判所で購入ができる競売物件というものがあります。
一体競売物件とはどのような物件なのでしょうか。
今回は競売物件を購入するメリット・デメリットについてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

競売物件とは?

裁判所を通じて購入ができる競売物件とはどのような物件なのでしょうか。
競売物件として売却されている不動産は、マンションや一戸建て、土地など居住用目的に限らず、事務所や店舗、ビルなどさまざまな種類があります。
なかでも住宅は、所有者が住宅ローンを支払えなくなったため、債権者より競売の申し立てを受けた物件が大半です。
一般的な物件とは、裁判所に差し押さえられた不動産のため売主が存在しないという違いがあります。
競売物件を購入する際は定められた期間内に入札という手続きをおこない、一番高額な入札者が物件の購入ができます。

競売物件を購入するメリットとは?

競売物件を購入するメリットとはどのような点でしょうか。
最大のメリットは購入費用が安く、一般の物件に比べ3割程度安く購入することができます。
また、不動産会社の仲介がないため、通常の市場に出回らない物件が数多くあるため、さまざまなニーズに対応することが可能です。
手続きがシンプルなこともメリットの1つです。
通常の物件よりも手続きの負担が少なく所有権の移転登記などの面倒な手続きは裁判所がおこないます。
その他は入札用紙や必要書類を提出し保証金を納付し、後に残りの代金を納付するのみで手続きが完了となります。
一般の物件のように司法書士に依頼するなどの手続きは必要ありません。

競売物件を購入するデメリットとは?

競売物件を購入するデメリットとはどのような点でしょうか。
デメリットは購入前に内見できないという点があります。
物件の詳細を確認するには、物件明細書、現況調査報告書、評価書という裁判所が作成した3点の書類で物件の情報を確認します。
その他にも売主がいないので引き渡し義務がないため、住人が不法占拠している可能性があり、購入者で裁判所へ申し立てが必要となります。
また、入札後は落札の取り消しができないため、落札したあとにイメージと違う場合でも代金を支払わなければなりません。

まとめ

競売物件を購入するメリット・デメリットについてご紹介してきました。
安く購入できるという最大のメリットがありますが、落札前に内見ができない点や一度落札してしまうと取り消しができないというデメリットがあります。
購入する際には、慎重に検討すると良いでしょう。
南プス不動産相談窓口COCOCARAは、南アルプス市を中心に売買仲介を専門としております。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”購入をご検討の方”おすすめ記事

  • 建売住宅に売れ残りが出る理由とは?購入するメリットや注意点も解説の画像

    建売住宅に売れ残りが出る理由とは?購入するメリットや注意点も解説

    購入をご検討の方

  • 三角地とは?四角形でない土地を購入するメリット・デメリットを解説の画像

    三角地とは?四角形でない土地を購入するメリット・デメリットを解説

    購入をご検討の方

  • 一戸建てを購入する際に後悔しやすい事例とその対処法の画像

    一戸建てを購入する際に後悔しやすい事例とその対処法

    購入をご検討の方

  • 買ったばかりの家を売る理由は?損をするケースやならないケースを解説の画像

    買ったばかりの家を売る理由は?損をするケースやならないケースを解説

    購入をご検討の方

  • 転勤族が一戸建てを購入するのにベストなタイミングはいつ?の画像

    転勤族が一戸建てを購入するのにベストなタイミングはいつ?

    購入をご検討の方

  • 中古住宅の探し方の基本は?コツと注意点を解説の画像

    中古住宅の探し方の基本は?コツと注意点を解説

    購入をご検討の方

もっと見る