いわくつきの土地は売却できる?価格相場や売却方法を解説の画像

いわくつきの土地は売却できる?価格相場や売却方法を解説

売却をご検討の方

いわくつきの土地は売却できる?価格相場や売却方法を解説

過去に事故や事件で人が亡くなったことがある、あるいは心霊現象などが噂される土地は、いわくつきの土地と言われることがあります。
そういった土地は買主から避けられてしまうため、売却できないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
今回はいわくつきと言われる土地を売却する方法や、価格の相場、そして売却時の注意点を解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

いわくつきの土地の価格相場と売却で受ける影響

いわくつきの土地は、通常の土地の相場価格より下回る高くなるのが現実です。
ただし、これには「心理的瑕疵」が大きく影響します。
心理的瑕疵とは自殺・他殺・事故死・孤独死などがあった、あるいは墓地などがあるため、借主や売主が心理的な抵抗を感じやすくなることを言います。
上記のようないわくつきの事実があった場合、相場価格より最大で5割ほど安くなってしまいます。
いわくつきがただの噂であれば、売却価格にあまり影響を及ぼしませんが、心霊現象などが原因でいわくつきと言われる場合は、明確な根拠を証明することは難しいため、通常の土地と同じ価格での売却は難しくなるでしょう。
仮にいわくつきであっても、都心や高級住宅街など不動産需要の高い地域であれば、あまり影響を受けないケースもあります。

いわくつきの土地を売却する方法

いわくつきの土地を売却する方法はあります。
たとえば、土地を「駐車場」として貸し出すのもおすすめです。
そのままの状態で売却するのではなく、別の用途に変えてしまうことで、買主の心理的瑕疵を払拭できる可能性があります。
また、いわくつきであっても事前にそのことを告知する以外は、通常の土地の売却方法と同じです。

いわくつきの土地を売却するときの注意点とは?

前述したとおり、いわくつきの土地を売却するには注意点があります。
それは、買主に告知義務があることです。
事故物件が事実であれば、心理的瑕疵が影響するため告知することは重要です。
告知義務違反は、損害賠償や契約解除など訴訟問題に発展してしまう可能性もあるため、トラブルを避けるためにも告知をしましょう。
また、事前に事故物件の相場価格を下調べしておくと、売却時にその価格が妥当かどうかを判断する材料になります。

まとめ

いわくつきの物件を売却するには、それが「噂」なのか「実害」なのかによって売却価格に差がでます。
事実であれば、告知義務を果たさなければなりません。
そして事前に事故物件の相場価格を調べておくことも大切です。
「いわくつきだから売れない」と決めつけずに、丁寧に売却方法を探していきましょう。
南プス不動産相談窓口COCOCARAは、南アルプス市を中心に売買仲介を専門としております。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

南プス不動産相談窓口COCOCARAへの問い合わせはこちら


南プス不動産相談窓口COCOCARA メディア担当

南プス不動産相談窓口は、南アルプス市エリアの不動産情報を豊富に取り扱う不動産会社です。新築戸建てを探している、土地の売買で困っている、などの方に有益な情報をお届けできるよう当サイトのブログでも不動産に関連した情報をご紹介します。


”売却をご検討の方”おすすめ記事

  • 不動産の所有者が入院中でも売却できる?方法をご紹介の画像

    不動産の所有者が入院中でも売却できる?方法をご紹介

    売却をご検討の方

  • 不動産売却でライフラインはいつ解約する?方法や注意点も解説!の画像

    不動産売却でライフラインはいつ解約する?方法や注意点も解説!

    売却をご検討の方

  • 任意売却で買い手がつかないときはどうなる?理由や対策についても解説の画像

    任意売却で買い手がつかないときはどうなる?理由や対策についても解説

    売却をご検討の方

  • 不動産売却における査定価格・売り出し価格・成約価格の意味をご紹介!の画像

    不動産売却における査定価格・売り出し価格・成約価格の意味をご紹介!

    売却をご検討の方

  • 筆界未確定の土地とは?売却できるのか売却方法の流れを解説の画像

    筆界未確定の土地とは?売却できるのか売却方法の流れを解説

    売却をご検討の方

  • 借地権とは?借地権付きの家を売却する方法と流れを解説の画像

    借地権とは?借地権付きの家を売却する方法と流れを解説

    売却をご検討の方

もっと見る