山梨県南アルプス市の幼児教育・保育の無償化について知っておこう!の画像

山梨県南アルプス市の幼児教育・保育の無償化について知っておこう!

エリア情報

山梨県南アルプス市の幼児教育・保育の無償化について知っておこう!

2019年10月から、幼児教育・保育の無償化が始まりました。
子どもがいるファミリーにとっては、とても助かる制度ですから、詳細をしっかりとチェックしておきましょう。
今回は南アルプス市にお住まいをご検討中の方に向けて、市の幼児教育・保育の無償化についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

南アルプス市の幼児教育・保育の無償化について①幼稚園や保育所など

幼児教育・保育の無償化は、少子化対策の一環として子育て世帯の経済的負担の軽減を図るために、2019年10月から実施された制度です。
幼稚園・保育所・認定こども園などに通う3歳から5歳の子どもが対象です。
また市民税非課税世帯の場合は、0歳から2歳までの子どもたちも無料で利用できます。
送迎費や食材料費、行事費などは保護者が負担しますが、第3子以降または年収360万円未満の世帯の子どもたちについては、おかずやおやつなどの副食の費用も免除されます。
対象施設は、市内すべての認可保育所・幼稚園・認定こども園と、市に認定された認可外保育施設です。
制度の対象ではない幼稚園は月額上限25,700円ですから、南アルプス市のホームページなどで対象かどうかを確認しておきましょう。
さらに、幼稚園の預かり保育も無償化の対象です。
こちらは南アルプス市による「保育の必要性の認定」が必要で、認められると月に11,300円までが無償化されます。
認定されるためには就労などの要件がありますから、該当するかどうか確認しましょう。

南アルプス市の幼児教育・保育の無償化について②認可外保育施設

認可外保育施設も、対象施設では月に決まった金額が無償化されます。
3歳から5歳は月額37,000円まで、そして市民税非課税世帯は0歳から2歳も月額42,000円までの利用料が無償化されます。
こちらも南アルプス市の認定が必要で、保育所や認定こども園などを利用できていない方が対象です。
希望する場合は、子育て支援課へ申請しましょう。
なお、認可外保育施設以外にも、一時預かり事業や病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業などの利用も対象です。
南アルプス市に届出をして、国が定める基準を満たしている事業者が対象ですから、利用を考えるときは市のホームページなどできちんと確認しましょう。

おすすめ物件情報|南アルプス市の物件一覧

まとめ

幼児教育・保育の無償化は、子育て世帯にとって負担を減らせる制度です。
幼稚園や保育所だけではなく、認可外保育施設や幼稚園の預かり保育でも利用できます。
認可外の場合は、無償化対象施設として認定されていることが必要ですから、しっかりと確認しましょう。
南プス不動産相談窓口COCOCARAは、南アルプス市を中心に売買仲介を専門としております。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”エリア情報”おすすめ記事

  • 山梨県の富士川町にある富士川町立増穂小学校についてご紹介!の画像

    山梨県の富士川町にある富士川町立増穂小学校についてご紹介!

    エリア情報

  • 南アルプス市にある「さくらんぼ保育園」とは?概要や特徴をご紹介!の画像

    南アルプス市にある「さくらんぼ保育園」とは?概要や特徴をご紹介!

    エリア情報

  • 富士川町にある「たんぽぽ子どもの家」とは?概要と特徴を解説の画像

    富士川町にある「たんぽぽ子どもの家」とは?概要と特徴を解説

    エリア情報

  • 富士川町のファミリーサポート富士川の仕組みや利用についてご紹介の画像

    富士川町のファミリーサポート富士川の仕組みや利用についてご紹介

    エリア情報

  • 山梨県南アルプス市にあるもちづき整形外科リハビリクリニックについて解説の画像

    山梨県南アルプス市にあるもちづき整形外科リハビリクリニックについて解説

    エリア情報

  • 富士川町の大法師公園で四季折々の自然美を満喫!概要や特徴も解説の画像

    富士川町の大法師公園で四季折々の自然美を満喫!概要や特徴も解説

    エリア情報

もっと見る