ZEH住宅とは?購入のメリット・デメリットや補助金をご紹介

ZEH住宅とは?購入のメリット・デメリットや補助金をご紹介

近年では住宅にも環境の負荷を軽減できる機能が求められるようになり、とくに新築住宅を建てる際は基準が厳しくなりつつあります。
そこで注目を集めているのが「ZEH住宅」と呼ばれる住宅の購入です。
今回は、ZEH住宅の概要や購入のメリットとデメリット、利用できる補助金についてご紹介します。

南プス不動産相談窓口COCOCARAへのお問い合わせはこちら


ZEH住宅の概要

ZEH住宅とは「断熱」「省エネ」「創エネ」の3つのポイントを押さえた次世代型の省エネルギー住宅です。
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略語がZEHであり、ゼッチとも読まれます。
自宅でも発電してエネルギーを創出し、年間のエネルギー収支をゼロ以下にする住宅です。
そのため、ZEH住宅として認められるためには上に挙げた「断熱」「省エネ」「創エネ」の3要件を満たす必要があります。
機密性の高い素材で冷暖房効率を高め、消費するエネルギーを減らし、太陽光発電などで自宅でエネルギーを創出する住宅が現在求められています。

▼この記事も読まれています
新築一戸建ての購入で必要になる登記の種類と費用相場を解説!

ZEH住宅購入のメリットとデメリット

ZEH住宅を購入するメリットは、断熱性が高く空調が必要になる場面が少ない点です。
つまり、夏や冬でもあまり冷房や暖房を使用する必要がなく、光熱費がかからなくなります。
室内の温度差が一定になるため快適に過ごしやすく、ヒートショックが起きる可能性も低くなるでしょう。
一方、デメリットは天候によってエネルギー効率が左右される点です。
ZEH住宅に導入される発電設備は、基本的に太陽光発電になります。
そのため、晴れている日はたくさん発電できても曇りや雨の日は極端に効率が落ちるなど、いつも一定ではありません。
また、建築コスト自体も高いため、購入をためらう方も多いです。

▼この記事も読まれています
一戸建ては新築と中古どちらを購入する?それぞれの特徴を解説!

ZEH住宅を購入する際の補助金

ZEH住宅は、購入の際にZEH補助金制度と呼ばれる補助金を利用できます。
ZEH補助金制度とは、ZEH住宅を建てるための建築資金を補助金として受け取る制度です。
新築、建売住宅の購入、中古住宅のリフォームのいずれにおいても、対象がZEH住宅になるのであれば補助金を受け取れる可能性があります。
補助金を受け取れる事業はZEH支援事業、ZEH+実証事業、ZEH+R強化事業、先進的再エネ熱等導入支援事業の4種類です。
補助金申請の注意点は、条件を満たさなければ申請できないこと、種類によって申請期間や採択方式が異なる点になります。
申請して審査に通らないと補助金を受け取れないため注意しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産購入前に知りたい基礎知識!トップライトの概要や特徴を解説

まとめ

ZEH住宅は、自らエネルギーを創出する次世代型の省エネルギー住宅です。
冷暖房を使用しなくとも快適に過ごせますが、エネルギー効率が天候に左右される可能性があります。
ZEH住宅を購入する際は公的な補助金を受け取れる可能性がありますが、申請と審査が必要です。
南アルプス市の不動産の売買は南プス不動産相談窓口COCOCARAへ。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

南プス不動産相談窓口COCOCARAへのお問い合わせはこちら


南プス不動産相談窓口COCOCARAの写真

南プス不動産相談窓口COCOCARA メディア担当

南プス不動産相談窓口は、南アルプス市エリアの不動産情報を豊富に取り扱う不動産会社です。新築戸建てを探している、土地の売買で困っている、などの方に有益な情報をお届けできるよう当サイトのブログでも不動産に関連した情報をご紹介します。