耐震等級とは何か?制度の概要や区分の違いを紹介の画像

耐震等級とは何か?制度の概要や区分の違いを紹介

家づくり

耐震等級とは何か?制度の概要や区分の違いを紹介

地震の多い日本でマイホームを購入する際、気になることのひとつが耐震性能ではないでしょうか。
マイホームを計画されている方は「耐震等級」という言葉も耳にされているかもしれません。
この記事では、安心できるマイホームのために、「耐震等級とは何か」をわかりやすくお届けします。

弊社へのお問い合わせはこちら

「耐震等級」とは?区分1、2、3は何を示しているのか

「耐震等級」とは何かというと、住宅性能表示制度で、その建物が地震に対してどれくらい耐えられるかを示したものです。
住宅性能表示制度とは、"品確法"ともよばれる「住宅品質確保促進法」に基づいた性能表示です。
「等級」が高いほど、床の耐震性能、耐力壁や耐震金物の設置場所などがバランスよく備わった建物だとわかります。
そして、耐震等級には区分1、2、3が設けられています。
区分1、2、3とは何かを把握していると、マイホームの購入時にも役立つ知識となるでしょう。
具体的に耐震等級1の区分は、建築基準法による耐震基準を満たしたものです。
耐震等級2の区分とは、どれくらいの性能かを数値で伝えると、区分1に対して1.25倍の強度を誇ります。
地震などの災害で使われる学校や病院などの避難場所は、いずれも区分2以上の強度がある場所です。
長期優良住宅と認められるのも、この強度が必要です。
そして、耐震等級3は区分1と比較して、1.5倍もの強度であり、一番高い等級ですね。
消防署や警察署はこの区分の強度で建てられています。

地震への性能と構造との関係とは何か?等級が高いと地震にも強い?

「耐震等級」とは何かを知ると、公共の建物にも反映されている信頼できる表示であることがわかりました。
一般住宅においては、耐震等級だけで判断せず、構造との関係も知っておくことが大切です。
住宅の構造には、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、木造があります。
もしかしたら、木造は弱いイメージがあるかもしれませんが、現在では、建築基準法により、震度6、7の地震にも耐えられる性能を保持しています。
鉄骨造は粘りによる耐える力、木造は揺れが小さいなど、素材による特徴を覚えておくのもよいでしょう。
また、等級が高いほど、地震に絶対的に強いとは限りません。
耐震等級は、基本的には人命を確保するための保証です。
そのため、等級が高いから建物価値においても大丈夫と過信はせず、目安とするのがよいでしょう。

まとめ

耐震等級とは何か、構造との関係を解説しました。
近年は、災害に対しての意識も高まっており、家族を守るためにも、より安心できる家が求められています。
そんななか、参考にできる何かがあると、マイホームの取得時にも役立ちますね。
南プス不動産相談窓口COCOCARAは、南アルプス市を中心に売買仲介を専門としております。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”家づくり”おすすめ記事

  • 地鎮祭とはなにか?建売住宅での地鎮祭の必要性や代わりになる儀式を解説の画像

    地鎮祭とはなにか?建売住宅での地鎮祭の必要性や代わりになる儀式を解説

    家づくり

  • 一戸建てのインターネット契約方法とは?種類や契約までの期間について解説の画像

    一戸建てのインターネット契約方法とは?種類や契約までの期間について解説

    家づくり

  • 新築一戸建てに設置されるカーポートとは?そのメリットも解説!の画像

    新築一戸建てに設置されるカーポートとは?そのメリットも解説!

    家づくり

  • 住まいの間取り変更や部屋を増やす方法とは?費用の相場や注意点もご紹介!の画像

    住まいの間取り変更や部屋を増やす方法とは?費用の相場や注意点もご紹介!

    家づくり

  • キッチンに使われる人工大理石・人造大理石とは?それぞれのメリットも解説の画像

    キッチンに使われる人工大理石・人造大理石とは?それぞれのメリットも解説

    家づくり

  • ダイニングテーブルの後悔しない選び方とは?注目すべきポイントを解説!の画像

    ダイニングテーブルの後悔しない選び方とは?注目すべきポイントを解説!

    家づくり

もっと見る