マイホームの購入で助かる「すまい給付金」!内容を知って活用しようの画像

マイホームの購入で助かる「すまい給付金」!内容を知って活用しよう

家づくり

マイホームの購入で助かる「すまい給付金」!内容を知って活用しよう

「マイホームが欲しい!」と思っても、大きなお金がかかりますから、今後の生活に不安を感じてなかなか決断できないこともあるでしょう。
国では取得の負担を減らすために、さまざまな制度を設けていますから、ぜひ上手に活用しましょう。
今回はマイホームの購入をご検討中の方に向けて、そんな制度のひとつである「すまい給付金」とは何かについてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームを購入するなら活用したい「すまい給付金」とはどのような制度?

住宅を購入するために必要なお金は、住宅の代金だけではありません。
仲介手数料や登記費用など、数々の諸費用もかかります。
住宅ローンを組んでも、頭金や諸費用は現金で支払うことが多く、今後生活するための貯金が足りなくならないか不安になることもあるでしょう。
ですから負担を減らせるように、いろいろな制度が設けられています。
そのひとつが「すまい給付金」です。
消費税の引き上げに伴う負担を軽くするために設立されました。
税金が軽減される住宅ローン控除と違い、現金をもらえることが大きな特徴です。
給付の対象は、以下の要件を満たしている人です。

●年収が一定額以下である(家族構成によって異なり、目安は510万円以下)
●住宅ローンを利用している(50歳以上で年収650万円以下の場合を除く)
●自分が住んでいる
●床面積が50㎡以上ある
●品質が担保されている


最大で50万円の現金がもらえますから、該当する場合は忘れずに申請しましょう。

マイホームの購入負担が軽減できる「すまい給付金」の申請方法とは?

申請方法は、全国にある申請窓口に書類を持参もしくは事務局へ郵送します。
申請書を記入して、必要な書類とともに提出しましょう。
用意する主な書類は、以下のとおりです。

●申請書
●引っ越ししたあとの住民票
●建物の登記事項証明書・謄本
●個人住民税の課税証明書
●工事請負契約書もしくは不動産売買契約書
●住宅ローンの金銭消費貸借契約書
●検査の実施が確認できるもの
●振込先口座が確認できる通帳のコピーなど


他にも条件によって必要になる書類がありますから、きちんと確認して、もれなく準備しましょう。
なお申請には期限があり、住宅の引き渡しを受けてから1年3カ月以内に行う必要があります。
うっかり忘れてしまわないように、なるべく早めに手続きしましょう。

まとめ

マイホームを購入するときは、さまざまな制度を活用して、家計の負担を軽減しましょう。
制度のひとつである「すまい給付金」は、現金で最大50万円を受け取れるため、大変助かる制度です。
申請には期限がありますから、忘れないように注意しましょう。
南プス不動産相談窓口COCOCARAは、南アルプス市を中心に売買仲介を専門としております。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”家づくり”おすすめ記事

  • 地鎮祭とはなにか?建売住宅での地鎮祭の必要性や代わりになる儀式を解説の画像

    地鎮祭とはなにか?建売住宅での地鎮祭の必要性や代わりになる儀式を解説

    家づくり

  • 一戸建てのインターネット契約方法とは?種類や契約までの期間について解説の画像

    一戸建てのインターネット契約方法とは?種類や契約までの期間について解説

    家づくり

  • 新築一戸建てに設置されるカーポートとは?そのメリットも解説!の画像

    新築一戸建てに設置されるカーポートとは?そのメリットも解説!

    家づくり

  • 住まいの間取り変更や部屋を増やす方法とは?費用の相場や注意点もご紹介!の画像

    住まいの間取り変更や部屋を増やす方法とは?費用の相場や注意点もご紹介!

    家づくり

  • キッチンに使われる人工大理石・人造大理石とは?それぞれのメリットも解説の画像

    キッチンに使われる人工大理石・人造大理石とは?それぞれのメリットも解説

    家づくり

  • ダイニングテーブルの後悔しない選び方とは?注目すべきポイントを解説!の画像

    ダイニングテーブルの後悔しない選び方とは?注目すべきポイントを解説!

    家づくり

もっと見る