戸建てのマイホームに宅配ボックスを設置するなら!種類とメリット・デメリットは?の画像

戸建てのマイホームに宅配ボックスを設置するなら!種類とメリット・デメリットは?

家づくり

戸建てのマイホームに宅配ボックスを設置するなら!種類とメリット・デメリットは?

宅配ボックスは宅配便で荷物が届いたときに不在にしていても、荷物を受け取ることができるとても便利なものです。
マンションなどの集合住宅では以前からある設備ですが、マイホームへの設置を検討する方も増えていますので、この記事ではマイホームにも設置できる宅配ボックスの種類とメリット・デメリットを紹介していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームで使う宅配ボックスの種類と設置方法

マイホームにおける宅配ボックスは、自宅の玄関付近に設置しておくのが一般的です。
宅配ボックスには次のような種類があり、タイプによっては設置のための工事が必要になります。

簡易型ボックス
バッグタイプや簡単なケース型の宅配ボックスで、家のドアノブなどに金属製のワイヤーロックで取り付けておくだけで使うことができます。
自分で簡単に取り付けができるので工事の必要がありません。

据え置き型ボックス
簡易型に比べて、頑丈な素材でしっかりと作られたボックスです。
金庫のように重さがあり、工事をして地面や壁面に固定して設置するタイプのものはボックスごと盗まれる危険性も低くなります。
工事をしたくない場合は、接着剤などで固定するタイプもあります。

壁面埋め込み型ボックス
家の外壁に埋め込むようにして設置した宅配ボックスです。
壁面にすっきりと設置することができ、室内で荷物を取り出せるので便利です。
工事が必要で設置費用も高額になりがちですが、ボックスごと盗まれるリスクはないでしょう。

マイホームに宅配ボックスを設置することのメリットとデメリット

宅配ボックスを設置することには、次のようなメリットがあります。

不在時にも荷物を受け取ることができる
留守にしていても荷物を受け取ることができるので、配達待ちで外出できないといったことが少なくなります。

防犯対策になる
宅配業者と顔を合わせなくても荷物を受け取れるため、なりすましの不審者などの被害に遭うことを防ぐことができます。

置き配された荷物を守れる
近年、置き配という方法も増えていますが、玄関前に置かれた荷物を雨から守り盗まれることから守れます。
便利な宅配ボックスですが、デメリットもあります。

2件以上の荷物を受け取れない
一度荷物を入れるとロックされる宅配ボックスには、先に入れられた荷物を取り出すまでは他の荷物を入れることができません。

盗まれてしまうこともある
宅配ボックスのタイプによってボックスごと盗まれてしまったり、暗証番号を利用して中身を盗まれてしまったりすることがあります。

まとめ

一戸建てのマイホームでも設置を検討することが増えている宅配ボックス。
宅配ボックスを設置しておけば不在でも荷物を受け取ることができ、防犯対策にも役立ちます。
種類によっては設置のための工事が必要になる場合もあるので、よく調べて選ぶようにしましょう。
南プス不動産相談窓口COCOCARAは、南アルプス市を中心に売買仲介を専門としております。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”家づくり”おすすめ記事

  • 地鎮祭とはなにか?建売住宅での地鎮祭の必要性や代わりになる儀式を解説の画像

    地鎮祭とはなにか?建売住宅での地鎮祭の必要性や代わりになる儀式を解説

    家づくり

  • 一戸建てのインターネット契約方法とは?種類や契約までの期間について解説の画像

    一戸建てのインターネット契約方法とは?種類や契約までの期間について解説

    家づくり

  • 新築一戸建てに設置されるカーポートとは?そのメリットも解説!の画像

    新築一戸建てに設置されるカーポートとは?そのメリットも解説!

    家づくり

  • 住まいの間取り変更や部屋を増やす方法とは?費用の相場や注意点もご紹介!の画像

    住まいの間取り変更や部屋を増やす方法とは?費用の相場や注意点もご紹介!

    家づくり

  • キッチンに使われる人工大理石・人造大理石とは?それぞれのメリットも解説の画像

    キッチンに使われる人工大理石・人造大理石とは?それぞれのメリットも解説

    家づくり

  • ダイニングテーブルの後悔しない選び方とは?注目すべきポイントを解説!の画像

    ダイニングテーブルの後悔しない選び方とは?注目すべきポイントを解説!

    家づくり

もっと見る