戸建ての間取りでも人気!スキップフロアの概要やメリット・デメリットとは?の画像

戸建ての間取りでも人気!スキップフロアの概要やメリット・デメリットとは?

家づくり

戸建ての間取りでも人気!スキップフロアの概要やメリット・デメリットとは?

今回は、戸建て購入を検討している方や、土地購入からの注文住宅を検討している方のための参考情報として「スキップフロア」について解説します。
まずはスキップフロアとは何かを解説したうえで、スキップフロアのメリットとデメリットも挙げていきますので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建てのスキップフロアとはどういう間取り?そのメリットとは?

戸建ての間取りの選択肢のひとつであるスキップフロアについて、まずはその概要とメリットを解説しましょう。
スキップフロアとは、「ひとつの階層の床に高低差をつけて空間を区切る」というものです。
もっとわかりやすく言うと「中2階」がまさにスキップフロアの代表的な例といえます。
他にも「リビングと隣接している和室に、小あがりのような段差をつける」というのもスキップフロアの例のひとつですよ。
そんなスキップフロアの間取りの主なメリットは、以下のとおりです。

●同じ階層の部屋を壁でなく段差で区切るので見た目にも開放感があり、広く見える
●段差で空間を区切ることで壁が少ない分、日当たりや風通しも良い
●小あがり部屋の下を収納スペースにする、段差の下も収納スペースにする、などの活用法をとれば大容量の収納スペースがたくさん得られる
●高低差のある土地でも有効活用しやすい
●段差で空間を区切る分、廊下がほとんどいらないのでスペースを無駄にしない

戸建てでスキップフロアの間取りを選ぶことのデメリットとは?

戸建ての間取りとしてスキップフロアを選ぶことには数々のメリットがありますが、残念ながらスキップフロアはメリットだけでなく、以下のようなデメリットもあります。

●建築費用が高くつく
●段差が多くバリアフリーとは無縁、あちこちに段差があるのでその上り下りを苦痛に感じる人もいる
●中2階などを作って居住面積を増やすと床面積も広くなるため、その分固定資産税が高くなってしまうリスクがある
●段差が多いため掃除が面倒
●壁が少ない分、音やにおいなどが家全体に伝わりやすい
●壁が少ない分、エアコンなどの空調機器の効率が悪くなる可能性が高い


ちなみにここに挙げたデメリットのなかで、固定資産税が高くなるかどうかの判断基準は自治体によって多少異なります。
固定資産税を高くすることなく、スキップフロアの間取りを実現させたいなら地元密着かつスキップフロアの家の設計や施工の実績が豊富な業者にお願いすることが近道かもしれません。

まとめ

今回は、戸建ての間取りの選択肢のひとつとして挙げられるスキップフロアとはどんなものかについて解説したうえで、そのメリットとデメリットもご紹介しました。
限られた空間を有効に使えるという点では大きなメリットがありますが、段差が多いことや壁が少ないことなどによるデメリットもあることは理解しておきましょう。
南プス不動産相談窓口COCOCARAは、南アルプス市を中心に売買仲介を専門としております。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”家づくり”おすすめ記事

  • 地鎮祭とはなにか?建売住宅での地鎮祭の必要性や代わりになる儀式を解説の画像

    地鎮祭とはなにか?建売住宅での地鎮祭の必要性や代わりになる儀式を解説

    家づくり

  • 一戸建てのインターネット契約方法とは?種類や契約までの期間について解説の画像

    一戸建てのインターネット契約方法とは?種類や契約までの期間について解説

    家づくり

  • 新築一戸建てに設置されるカーポートとは?そのメリットも解説!の画像

    新築一戸建てに設置されるカーポートとは?そのメリットも解説!

    家づくり

  • 住まいの間取り変更や部屋を増やす方法とは?費用の相場や注意点もご紹介!の画像

    住まいの間取り変更や部屋を増やす方法とは?費用の相場や注意点もご紹介!

    家づくり

  • キッチンに使われる人工大理石・人造大理石とは?それぞれのメリットも解説の画像

    キッチンに使われる人工大理石・人造大理石とは?それぞれのメリットも解説

    家づくり

  • ダイニングテーブルの後悔しない選び方とは?注目すべきポイントを解説!の画像

    ダイニングテーブルの後悔しない選び方とは?注目すべきポイントを解説!

    家づくり

もっと見る